What is
Orange Gospel? オレンジゴスペルとは?

木下航志さんコンサート写真

ニューヨーク在住のゴスペル音楽プロデューサー打木希瑶子が自身の虐待被害経験を元に企画。

打木は2004年、結婚のため11歳の息子と渡米。しかし、夫となったアメリカ人ゴスペルシンガーが、結婚後DV加害者と豹変。海外で思わぬ事件に巻き込まれた打木は、鬱病に悩まされるようになり、プロデュース業を休止。一時はホームレス生活であった。鬱病のカウンセリングを受けながら裁判で元夫と闘ううち、DV加害者は元被害者である可能性が高いことを知り、まずは子ども達のDV被害者を無くさなければいけないと考え、活動を開始。

ニューヨークではDV被害者としての講演やカウンセリングなどを行いながら、2009年から日本のオレンジリボン運動をサポート。2011年からは、プロデューサーとしての才能を生かし、ゴスペル音楽を通してDV撲滅を訴える活動を開始。この企画の名称を「オレンジゴスペル」と名付け、日本全国の有志と共に毎年、全国ツアーを行っている。

「虐待を止めよう」「虐待を通報しよう」だけでは子ども虐待は無くならない。虐待が起こる原因を知り、今すぐ一人一人に何ができるかを具体的に伝えている。「合唱のように子育てはみんなで!」をメインテーマに掲げ、「日本のお節介文化を復活させよう!」と各会場で呼び掛けている。音楽と社会貢献がセットになった企画。これまでになかった全く新しい社会貢献活動のスタイルがニューヨークから日本へ上陸し、全国に広められている。

ニューヨークではDV被害者としての講演やカウンセリングなどを行いながら、2009年から日本のオレンジリボン運動をサポート。2011年からは、プロデューサーとしての才能を生かし、ゴスペル音楽を通してDV撲滅を訴える活動を開始。

Member メンバー

Message 運営事務局長より

はじめまして、中村華子と申します。

わたしはFacebookで発起人の打木希瑶子さんから声をかけられたことがきっかけで、オレンジゴスペル(以下オレゴス)を知りました。

幼いころからの虐待経験から、良くも悪くも大きな影響を受けていたわたしは、子どもへの虐待をなくすために何かしたいとずっと思ってきました。だからオレゴスの取り組みにとても共感し、関わらせていただくことになりました。

児童虐待は当事者である親子の問題だと思う人が多いと思いますが、わたしは実体験から、そうではないと実感しています。法的整備とサポートの充実はもちろん、育児に対する理解と思いやりあふれる社会こそが、児童虐待をなくすために必要なのではないでしょうか。

そのことを、エライ人が一方的に説教じみた講演で伝えるのではなく、明るく楽しい音楽とともに前向きなメッセージとして伝えられることが、オレゴスのなによりの魅力です。 オレゴスは、ご来場くださる方はもちろん、多くの方のご寄付に支えられています。未来を担う子どもたちへの虐待をなくすために、ご寄付やご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。 また、全国の方が気軽に足を運んでくださり、児童虐待防止を身近なテーマとしてとらえるきっかけとできるよう、開催地をどんどん増やしていきたいと思っています。

もしお近くの開催があった際は、ぜひとも参加してみてください。

教会でのコンサート写真

Why Gospel? なぜゴスペルなの?

教会でのコンサート写真

ゴスペル音楽は「愛」を伝える音楽です。

いくら世の中が便利になっても、時代が変わっても、人間は「愛」がなければ、心が渇いてしまいます。残念ながら「愛」は目に見えず、お金で買うこともできません。なぜなら、それは人間の魂に宿るものだからです。子ども虐待防止のために、さまざまな仕組みが多くの人の手を借りて整えられています。

しかし、いくらシステムが整っても、そこに「愛」がなければ機能しません。また、根本的な解決にはなりません。

「愛」とは何なのか、「愛のある社会」とはどういうものなのか。ゴスペル音楽とそこに込められたメッセージから、多くの人たちが「愛」を知り、愛に満たされ、魂に愛が宿ることでしょう。それこそが、子ども虐待防止問題の解決に必ずや役立つと私たちは信じているのです。
教会でのコンサート写真

Recommended 推薦者

Our Cheer Song オレンジゴスペル応援楽曲

オレンジゴスペル応援楽曲
「Don't Give Up」


ダニー・イーソンさん写真

ニューヨーク・ブルックリン出身のゴスペルアーティスト、Danny Eason(ダニー・イーソン)が作詞・作曲。

東日本大震災を機に、木下航志と有志で録音した「Don'tGiveUp」を世界中にオンライン・リリース。

集まった寄付金はNYの日本総領事館に届けられた。同年11月にはオレンジリボン運動支援イベントとして、自ら日本で初ワークショップを開催。その後、オレンジゴスペルへの応援ソングとしてイベントの最後に会場全員で合唱するようになった。

イーソン氏は1992年、当時は珍しかった市民クワイアを結成。7名のメンバーが翌年には120名以上のマス・クワイヤーとなった伝説的クワイアのリーダーである。その後はニューヨークを離れて、カナダやアメリカでゴスペル・ソングライターとして活動中。

Cosponsor 共催

Cooperation 協賛

Support 後援(過去含む)